ヒゲ脱毛は何回で効果が出る?回数ごとの経過から効率的に受けるポイントまで解説

ヒゲ脱毛は何回受ければ効果があるの?
青ヒゲは何回目でなくなる?

ヒゲ脱毛の効果を実感できる回数は、脱毛方法や、毛量・毛質によって異なります。

この記事では、脱毛方法ごとの必要回数の目安や、効果が出るまでの一般的な経過について解説します。

ヒゲ脱毛できるクリニックについては、ヒゲ脱毛におすすめのクリニックを紹介している記事も参考にしてください。

ヒゲ脱毛の効果が出るのは何回目?

脱毛を始めてから、毛量や毛質の変化を実感できるまでの回数は、一般的には

  • 医療レーザー脱毛 5回
  • 光脱毛(サロン脱毛・エステ脱毛) 10回程度
といわれます。

ここでは、医療レーザーによるヒゲ脱毛の一般的な経過について、もう少し詳しくみていきましょう。

3回目(半年程度)

3回目まで終えると、ヒゲが生えるスピードが遅くなってきます

部位によっては、毛が生えてこないところも出てきます。

ヒゲを自己処理する回数や、自己処理にかかる時間が少しずつ減るので、ヒゲ剃りが手間だった人は、脱毛効果をより実感できるかもしれません。

生えてくる毛が細くなってくると、毛の太さが原因だった青ヒゲもだいぶ軽減されます。

▼ヒゲ脱毛3回目の症例
ヒゲ脱毛前の写真 3回目のヒゲ脱毛後の写真
>>詳細

出典:ゴリラクリニック
治療内容:ヒゲ脱毛6部位12回
治療部位:鼻下・アゴ・アゴ下・ほほ・もみあげ・首
費用:ヒゲ脱毛6部位12回157,800円、笑気麻酔6回20,000円
使用機器:ジェントルヤグ
リスク・副作用:術後一時的な肌荒れ。軽い炎症
施術院:ゴリラクリニック横浜院(0120-987-118)

5回目(1年程度)

5回目の施術を受ける頃には、ヒゲが生えるスピードがさらに遅くなります。

ヒゲが生えなくなる部分が増え、生えてくる毛は、ばらばらとまだらに見えるように

脱毛前は、朝夜の1日2回ヒゲ剃りが欠かせなかった人が朝だけ1回になるなど、手入れの頻度はさらに減ります。

カミソリを使う頻度が減るので、カミソリ負けで肌荒れすることも減っていくでしょう。

もともとヒゲが薄い人なら、5回で十分満足できたとして脱毛終了という人もいます

▼ヒゲ脱毛5回目の症例
5回目のヒゲ脱毛後の写真
>>詳細

出典:ゴリラクリニック
治療内容:ヒゲ脱毛6部位12回
治療部位:鼻下・アゴ・アゴ下・ほほ・もみあげ・首
費用:ヒゲ脱毛6部位12回157,800円、笑気麻酔6回20,000円
使用機器:ジェントルヤグ
リスク・副作用:術後一時的な肌荒れ。軽い炎症
施術院:ゴリラクリニック横浜院(0120-987-118)

8回目(1年半程度)

8回目になるころには、毛量が減り、自己処理をする頻度もさらに減ります

アゴなど、もともと太いヒゲが密集していた部位には、まだ生えてくることがあります。

しかし、全体的に毛量が減ることで、顔全体の印象が明るくなる人もいます

ヒゲが少ない人なら、施術の間隔も開いてくるでしょう。

ヒゲ剃りの回数が減るにともない、肌の赤みや炎症などのカミソリ負けの症状が減って、肌の調子も整ってきます。

▼ヒゲ脱毛8回目の症例
8回目のヒゲ脱毛後の写真
>>詳細

出典:ゴリラクリニック
治療内容:ヒゲ脱毛6部位12回
治療部位:鼻下・アゴ・アゴ下・ほほ・もみあげ・首
費用:ヒゲ脱毛6部位12回157,800円、笑気麻酔6回20,000円
使用機器:ジェントルヤグ
リスク・副作用:術後一時的な肌荒れ。軽い炎症
施術院:ゴリラクリニック横浜院(0120-987-118)

10回目(2年程度)

10回目の施術を終えると、ヒゲはほとんど目立たなくなり、ヒゲを感じさせないツルツルとした肌に近くなります

毎朝ヒゲを剃る必要がなくなり、数日間ヒゲの手入れをしなくても過ごせるように。

この時期の施術は、まだ生えてくるヒゲの部位や、毛量、毛質に合った脱毛方法で行います。

ヒゲの量が減り、肌も明るく見えるようになる10回目は、脱毛の区切りのひとつです。

▼ヒゲ脱毛10回目の症例

10回目のヒゲ脱毛後の正面の写真 10回目のヒゲ脱毛後の顎・首回りの写真
>>詳細

出典:ゴリラクリニック
治療内容:ヒゲ脱毛6部位12回
治療部位:鼻下・アゴ・アゴ下・ほほ・もみあげ・首
費用:ヒゲ脱毛6部位12回157,800円、笑気麻酔6回20,000円
使用機器:ジェントルヤグ
リスク・副作用:術後一時的な肌荒れ。軽い炎症
施術院:ゴリラクリニック横浜院(0120-987-118)

ヒゲ脱毛は何回で終わる?脱毛方法別の必要回数

ヒゲ脱毛の必要回数の目安は、次の表のとおりです。

脱毛の回数は、ヒゲの濃さやどの程度まで脱毛したいかによって変わってきます

ヒゲや肌の状態は人それぞれ違いがあるので、事前のカウンセリングで相談するのがおすすめです。

医療レーザー脱毛 光脱毛(サロン脱毛・エステ脱毛) 美容電気脱毛
ニードル脱毛
ヒゲ剃り回数が減る回数 5回程度 10回程度 5回程度
ツルツルの肌になる回数 10回程度 20回程度 15回程度
効果 永久減毛 一時的な抑毛・減毛 サロン:一時的な減毛
クリニック:永久脱毛
痛み
やや強い

※麻酔使用可能

弱い

※麻酔使用不可

強い

※サロンは麻酔使用不可

値段の目安 3部位5回
4万9,000円程度
顔全体8〜10回
11万1,500円程度
サロン:30分1万2,000円程度
クリニック:20本約1万円

※別途針代が必要

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、高出力のレーザーで発毛組織を破壊する施術のため脱毛効果が高く、回数も少なく済みます。

自己処理をラクにしたいなら5回程度、ツルツルの肌を目指すなら10回程度が目安です。

▼医療レーザー脱毛のメリット・デメリット
メリット
  • 光脱毛より回数が少なくて済む
  • 永久減毛が期待できる
  • 麻酔を利用できる
  • 施術後の肌トラブルにも対応できる
デメリット
  • 痛みを感じやすい
  • ヒゲを生やせなくなる

医療レーザー脱毛は高出力のレーザーを照射する分、どうしても痛みを伴います。

しかし、クリニックであれば麻酔が利用でき、万一の肌トラブルにも対応してもらえるのがメリットです。

永久減毛が目的なので、「やっぱりヒゲを生やしたい」という気持ちになっても、ヒゲを生やすことができません。

光脱毛(サロン脱毛・エステ脱毛)

光脱毛は、一時的に毛を生えにくくする抑毛が目的です。

そのため脱毛器の出力が弱く、レーザー脱毛のクリニックよりも回数が多くなります。

ヒゲ剃りの回数が減ったと実感できるようになるのが10回程度、ツルツルの肌を目指すなら、20回程度が目安です。

▼光脱毛のメリット・デメリット
メリット
  • 痛みを感じにくい
デメリット
  • レーザー脱毛より必要回数が多い
  • 永久脱毛はできない
  • 麻酔や肌トラブルへの対応ができない

光脱毛は、医療レーザーより低出力で行うため、痛みを感じにくいのがメリットです。

もし痛みを感じた場合も、脱毛サロンでは医療行為を行えないので麻酔は使用できません。

肌トラブルがあった場合も、自分で皮膚科などに行く必要があります。

美容電気脱毛/ニードル脱毛

美容電気脱毛またはニードル脱毛は、極細の針を毛穴に差し込んで電気や高周波を流し、毛を処理する方法です。

毛穴ひとつひとつに針を刺すので時間がかかり、ツルツルの肌を目指すなら15回程度の施術が必要といわれています。

▼美容電気脱毛/ニードル脱毛のメリット・デメリット
メリット
  • 長期的な脱毛効果がある
  • その場で毛が抜ける
  • 毛の色や肌質を問わない
デメリット
  • 広範囲を脱毛すると高額になりやすい
  • 強い痛みをともなう
  • 完了までに時間がかかる
  • ある程度毛を伸ばす必要がある

毛穴のひとつひとつに電気や高周波を流していくので、その場で毛が抜けていることを実感できます。

毛の色や肌色・肌質を問わずに脱毛できるのも特徴で、白髪や褐色の肌でも施術を受けられます。

料金は脱毛にかかる時間や脱毛の本数で決まっていることが多く、レーザー脱毛や光脱毛より高額になりやすいのもデメリットです。

レーザー脱毛経験者100人に実際に受けた回数を調査!

医療レーザー脱毛でヒゲ脱毛をした男性100人に、脱毛にかかった回数に関する調査を行いました。

最初は5回コースを契約した人が最も多い

「最初に契約したコース回数」を尋ねたところ5回(40人)、3回(17人)、都度払いを含む1回(14人)の順になりました。

4割の人が選んだ「5回」は、ヒゲ剃りの回数が減り、脱毛の効果を実感しはじめる頃です。

もともとヒゲが薄く、脱毛の希望が「ヒゲ剃りの手間が減るぐらいで十分」という人は、まずは5回を目標に始めてみるといいでしょう。

最終的に4割以上の人が8回以上の施術を受けている

続いて「最終的に施術を受けた回数」を尋ねたところ5〜7回(32人)、8〜10回(24人)、1〜3回(24人)、11回以上(20人)の順になりました。

4割以上の44人が、8回以上施術を受けていることになります。

ヒゲ脱毛でツルツルの肌を実感できるのは、10回が目安。

最初に5回を選び、より高い脱毛効果を求めて延長した人も多いと考えられます。

また約4分の1の人が1〜3回だったのは、試しに施術を受けたものの継続に至らなかった人が一定数いるものと思われます。

ヒゲ脱毛に多くの回数が必要な理由

レーザーで脱毛する場合、ツルツルの肌を目指すには10回程度通うのが一般的です。

たとえば、2ヶ月に一度のペースで通うと、終了まで1年8ヶ月かかることになります。

これだけ時間がかかるのは、次のような理由があるからです。

ヒゲ脱毛に多くの回数が必要な理由
  • レーザーや光は成長期の毛にしか反応しないため
  • 肌へのダメージを最小限に抑えるため
  • ヒゲは毛根が深く光やレーザーが届きにくいため

レーザーや光は成長期の毛にしか反応しないため

毛は「成長期〜退行期〜休止期」という毛周期のサイクルで成長を繰り返しています。

毛周期とは
  • 成長期:毛が伸びる時期。細胞分裂が活発になり毛が成長しはじめる成長前期と、毛が肌表面に出てくる成長後期があります。
  • 退行期:毛の成長期が止まって、抜けていく時期。
  • 休止期:毛が抜けたあと、次に成長期まで発毛を休む期間。

脱毛に適しているのは、成長期後半です。

なぜなら、レーザーも光も毛に含まれるメラニン組織に熱を伝え、発毛組織にダメージを与える仕組みだからです。

成長期以外の毛はメラニンが少なく、また退行期は毛と発毛組織の毛乳頭が離れてしまうため、熱が伝わりにくくなります

肌へのダメージを最小限に抑えるため

鼻の下やあごに生えるヒゲの成長期の割合は、他の部位よりも高い65〜70%といわれます。

成長期の毛が多いと、一度にまとめて脱毛できるという印象があるかもしれませんが、ヒゲ脱毛は何回かにわたって施術を行います。

それは、レーザーや光の熱が肌に与える影響を最小限にするためです。

密集して生えているヒゲに強いレーザーや光を照射すると、多くの熱が発生し火傷のリスクが上がります

こうした状態にならないよう、脱毛機の出力を調整しながら施術を進めるため、回数が増えるのです。

ヒゲは毛根が深く光やレーザーが届きにくいため

ヒゲの毛根は皮下組織という深い部分にあり、レーザーや光が届きにくい傾向があります。

そのため、体のほかの部位の脱毛に比べて、どうしても回数が増えてしまいます。

この問題を解消するために、ヤグレーザーを搭載した脱毛機を補助的に使うクリニックも少なくありません

アレキサンドライトレーザーダイオードレーザーが肌の真皮層までしか届かないのに対して、ヤグレーザーはその奥にある皮下組織まで届くので、ヒゲの脱毛効果が高くなります。

ヒゲ脱毛のレーザー効果の違い

ただし、ヤグレーザーは照射時に痛みを感じやすいというデメリットもあります。

クリニックなら麻酔が使用できるので、痛みに不安がある人は相談してみるといいでしょう。

ヒゲ脱毛にはどれくらいの頻度で通えばいい?

ヒゲ脱毛に通う頻度は、一般的には1〜2ヶ月に一度です

脱毛は、毛周期のサイクルに合わせて、ヒゲが生えそろったところで施術するのが最も効果的です。

短いサイクルで施術を受けたからといって、早く完了するわけではありません。

また、1〜2ヶ月以上の期間が空いたとしても、施術した部分の効果はなくなりません

ただし、発毛組織を破壊できるのは、医療脱毛だけです。

脱毛サロンやエステサロンなど、医療機関以外では発毛組織を破壊できないため、施術をやめるとヒゲが再び生えてくる可能性があります。

ヒゲ脱毛を効率的に進めるポイント

ヒゲ脱毛を効率的に進めるには、以下のポイントに注意するといいでしょう。

予約を取りやすいクリニック・サロンを選ぶ

ヒゲ脱毛の間隔は、毛周期に合わせて施術を受けるのが理想的です。

そこで大切になるのが予約の取りやすさです。

最適なタイミングで脱毛を受けるためにも、1〜2ヶ月に1回、無理なく予約を入れられるのが理想です。

予約が取りにくく「この頃に行きたい」という時に施術を受けられないと、脱毛の期間そのものも長引いてしまいます。

クリニックやサロンを選ぶ際には、以下のポイントを確認するといいでしょう。

予約の取りやすさのチェックポイント
  • 一度に複数回の予約を取れるか
     あらかじめ複数回の予約を取れると安心です。
  • 複数院で予約ができるか
     施術を受けた院以外でも予約が可能だと選択肢が広がります。
  • 診療時間が長い
     診療時間が長い方が、予約枠が多いと考えられます。
  • 照射スピードが速い脱毛機を使用している
     短時間で施術できる分だけ、予約枠が多いと考えられます。
  • アプリなどでいつでも予約ができる
     24時間Webやアプリで予約・キャンセルができると便利です。

脱毛中は保湿ケアを丁寧に行う

脱毛中は、普段以上に保湿ケアを意識しましょう。

光やレーザーによる熱で肌の水分が失われるため、脱毛後の肌はとても乾燥しやすくなっています。

乾燥した肌は痛みを感じやすく、バリア機能が低下するため炎症など肌トラブルも起きやすい状態です。

また、水分が不足して硬くなった肌は、ヒゲが抜けにくくなります

乾燥を避けるためにも、朝晩は化粧水と乳液やクリームで肌をケアしましょう。

脱毛中の肌は敏感なので、敏感肌用の刺激が弱いものを選ぶのがおすすめ

たっぷり泡立てた洗顔料でやさしく洗顔した後に、化粧水で水分を補い、油分を含んだ乳液やクリームで潤いを閉じ込めます。

次の施術まで、トラブルのない肌を維持するようにしましょう。

脱毛中は日焼け対策を徹底する

脱毛中は、日焼け対策をしっかり行いましょう。

日焼け直後で肌が赤くなっている状態では、脱毛の施術ができません

また、日焼けした肌は、メラニン色素が増えている状態です。

レーザーや光は肌のメラニンにも反応するため、日焼けしている場合は肌に影響が出ないように出力を下げなくてはいけません

つまり、脱毛効果が低下したり、脱毛の回数が増えたりすることになります。

外出の際は、短時間でも日傘や帽子、日焼け止めなどを使って、紫外線対策を心がけましょう。

毛抜きやワックスで自己処理しない

脱毛中のヒゲ剃りは、電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーは刃が直接肌に触れないので、肌に刺激を与えません。

カミソリを使うと、肌の表面にある角質層を削り取ってしまい、炎症など肌トラブルが起きやすくなるので、できれば避けたいものです。

そのほか、毛抜きやワックスでの自己処理もおすすめしません。

毛抜きやワックスを使うと、ヒゲを毛根から抜いてしまうので、脱毛施術の効果が得られなくなるためです

脱毛すると決めたら、毛抜きやワックスは使用しないようにしましょう。

施術時に前回の脱毛の経過を伝える

施術を受ける時は、施術前に前回の脱毛後の経過を伝えるといいでしょう。

特に、初回はレーザーの照射の出力を低めにして施術を行うクリニックもあります。

毛の抜け具合や、施術後の肌の状態を把握できると、次の施術で脱毛機の設定などをどうすればよいかの判断材料になります

自分のヒゲや肌に合った施術を受けられるよう、前回の施術後の症状は、できるだけ正確に伝えましょう。

ヒゲ脱毛の回数に関するよくある質問

最後に、ヒゲ脱毛の回数に関するよくある質問に回答します。

青ヒゲはヒゲ脱毛で解消される?

結論から言うと、青ヒゲはヒゲ脱毛で解消できます

青ヒゲは、ヒゲを剃った後の断面が見えている状態です。

顔の皮膚は薄いこともあり、肌の中に残った太くて濃いヒゲが透けて見えるのです。

脱毛でヒゲそのものを生えないようにすれば、青ヒゲも現れなくなり、肌色が明るく見えるようになります。

また回数を重ねるにつれて、生えてくる毛が細くやわらかになる傾向があります。

青ヒゲが軽減される回数は、毛量によって個人差がありますが、5回目ぐらいから実感できる人が多いようです。

ヒゲ脱毛するなら回数無制限プランがいい?

ヒゲは、全身脱毛のなかでも手ごわい部位といわれます。

施術に何回必要なのかわからず「最初から回数無制限プランを選んだほうがいいかも」と思う人がいるかもしれません。

しかし、近年、「通い放題」「回数無制限」とうたった脱毛プランのトラブルが多く発生しています

回数無制限・通い放題プランを検討する場合は、事前に以下を確認してください。

  • 有償の期間と回数
  • いつまで中途解約できるか

回数無制限プラン・通い放題プランの多くは「有償での施術・回数」と「無償での施術・回数」の組み合わせになっています。

たとえば「50万円で5年間回数無制限」と表示されている場合を例にとってみましょう。

「50万円を払い、5年間の契約中、何度でも施術を受けられる」というイメージかもしれませんが、「契約期間は1年、回数は5回、施術料は1回あたり10万円」+「残り4年は無償サービス」ということも考えられます。

この場合、「2度施術を受けたけれど、痛みに耐えられないので解約、返金してほしい」となっても、すでに行われた2回分の施術代として20万円を請求される可能性があります。

また、契約期間が1年の場合、2年目以降は中途解約の対象にならず、返金されないケースもあります。

ヒゲ脱毛は、回数無制限でなくても理想の状態を目指せるので、慎重に検討しましょう。

参考:『脱毛エステの通い放題コースなどでの中途解約・精算トラブルに注意!「途中でやめたら返金なし!?」「解約したのに支払いは続く……」(独立行政法人国民生活センター)』脱毛エステの通い放題コースなどでの中途解約・精算トラブルに注意!「途中でやめたら返金なし!?」「解約したのに支払いは続く……」(独立行政法人国民生活センター)

家庭用脱毛器のほうが効率的?

ヒゲ脱毛のために何回も通うのは、確かに手間も時間もかかります。

「家庭用脱毛器を使うほうが、手軽だし効率的かも」と思う人がいるかもしれません。

しかし、家庭用脱毛器はムダ毛ケアを目的とした雑貨のため、出力が低く抑えられていて、毛を作る組織に大きなダメージを与えるだけのパワーはありません

効果を実感できるまでに回数・期間を要するほか、一時的な抑毛効果にとどまるため、使うのをやめると、また同じようにヒゲが生えてくるデメリットもあります。

「家庭用脱毛器の効果に満足できないから」とクリニックやサロンに通い始めると、お金も時間も無駄になってしまいます。

「ヒゲ脱毛の後は、もう生えてこないようにしたい」という人は、最初から永久脱毛を目指せる医療脱毛を選ぶのがおすすめです。

関連記事
Category
・カテゴリー・
  • ※当メディアのコンテンツは個人に向けた情報提供が目的であり、医療機関への斡旋を助長したり、医療サービスの効果や安全性を保証するものではありません。
  • ※コンテンツの内容については誤りがないよう尽力していますが、美容医療は目まぐるしく進歩しており、すべての時点における正確性を担保するものではありません。
  • ※医療機関等の公式ホームページに掲載されている内容も十分にご確認のうえ、ご自身の判断で適切な医療機関への相談・受診等を行ってください。
  • ※当メディアの利用により何らかの不都合・不利益が発生した場合も当社は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。
  • ※当メディアはアフィリエイトプログラムを利用して得た広告収益により運営されています。クリニックの紹介は当メディアの独自の調査に基づいて行われておりますが、コンテンツ内で紹介されたクリニックに申込された場合に、売り上げの一部が当サイトに還元されることがあります。