お腹の脱毛

部位ごとの照射範囲(お腹)

お腹は、水着を着る機会の多い夏までにはキレイに脱毛しておきたい部位です。
細いうぶ毛が多いため、自己処理をしても剃り残しが起こりやすく、カミソリ負けしてしまうことも
医療脱毛では、肌質や毛質に合わせたレーザーを照射し、ツルスベ肌を目指せます。

お腹の脱毛概要

お腹の脱毛範囲
部位ごとの照射範囲(お腹)

みぞおちから下、腰骨のあたりまでの腹部

お腹脱毛の痛み

うぶ毛が多いため、照射時の痛みは少ないが、肋骨周辺は骨に近く痛みがあることも

お腹脱毛の
施術回数・期間の目安
8回程度(1年半程度)
※1.5〜2ヶ月に1回施術を受けた場合
お腹脱毛のリスクとケア
  • 施術後の赤み・ヒリヒリ
  • 増毛化・硬毛化

全体的に肌トラブルのリスクは低い部位です。
術後は皮膚の赤みや点状のむくみが出ることがありますが、正常な脱毛の反応なので、ほとんどが翌日までに治まります。
長く続く場合にはお薬をお出ししますのでご相談ください。
また、お腹はうぶ毛が多いため、硬毛化が起きる可能性もあります。

詳細はこちら

お腹脱毛のポイント

お腹はうぶ毛が多いため、蓄熱式のレーザーで毛を作る組織をジワジワと温めて破壊します。
へそ周辺には太い毛も生えますので、熱破壊式と蓄熱式のレーザーを使い分けることもあります。
施術後は、お渡しする保湿液でしっかり保湿することが、赤みや肌荒れを防ぐポイントです。

お腹脱毛の施術前に知っておきたいこと

お腹の自己処理の仕方

自己処理の仕方(お腹)

施術日前日の夜〜当日の朝までに自己処理する必要があります。
自己処理の方法は、刃が直接肌に触れない電気シェーバーがおすすめです。
お腹の自己処理の手順は以下のとおりです。
①利き手と反対の手でお腹の皮膚を引っ張りながら、毛の流れに沿って剃る
②へそ周りはくぼんでいるので、角度を変えて何度か剃る

お腹脱毛の施術時の服装や体勢

施術時の服装や体勢(お腹)

お腹の脱毛は、基本的に仰向けで施術を行います。
施術時にジェルで汚れる可能性があるので、下着を脱いだ状態で行います。
ワンピースタイプの服は、全部脱がないといけないので避けた方が無難です。
また、施術後は施術箇所が軽い炎症を起こし、敏感な状態になります。そのため、生地が固い服やチクチクするニット類、タイトなシャツなど肌に刺激を与える服は避けましょう。
コットンやシルクといった肌に優しい素材の服を着用することをおすすめします。

お腹脱毛におけるQ&A

太っていて照射範囲が広いと追加料金がかかりますか?

体型の違いによる追加料金は一切かかりません。
無料カウンセリング予約をする
  • 未成年の方は、親権者同意書が必要です。
  • 説明だけ聞いてご帰宅頂く、または別の日にご契約頂くことも可能です。

脱毛の効果に関するよくある質問

医療脱毛で埋没毛を解消することはできますか?

医療脱毛を行い、自己処理を減らすことで、埋没毛が改善される可能性はあります。

医療レーザー脱毛施術後、すぐに毛がなくなりますか?

自己処理が不要になる程度に毛がなくなるまでには5〜8回程度の施術が必要です。

医療脱毛でつるつるになるまで施術回数・期間はどれくらいかかりますか?

うぶ毛がなくなるまでの回数には個人差はあり、8回程度で満足される方が多いです。
よくある質問ページへ