あごの脱毛

部位ごとの照射範囲(あご)

あごの毛といえば男性のヒゲのイメージがありますが、実は女性でもストレスや生活習慣などによるホルモンバランスの乱れで、太い毛が生えてくることがあります。
医療脱毛であれば、うぶ毛はもちろん、濃く太い毛にも対応可能です。
カミソリや電気シェーバーなどによる自己処理の手間が減らせるため、肌への負担も軽減できます。

あごの脱毛概要

あごの脱毛範囲
部位ごとの照射範囲(あご)

唇の下からあごの先まで(唇の両脇の延長線より内側)

あご脱毛の痛み

基本的に痛みはあまりないが、色が濃く太い毛が生えている場合には、痛みが出ることも

あご脱毛の
施術回数・期間の目安
8回程度(1年半程度)
※1.5〜2ヶ月に1回施術を受けた場合
あご脱毛の
リスクとケア
  • 毛のう炎
  • 施術後の赤み・ヒリヒリ

皮膚の赤みや点状のむくみは正常な脱毛の反応なので、ほとんどが翌日までに治まります。
また、あごは毛のう炎が起こる可能性もあります。
数日で治ることが大半ですが、長く続くようであればお薬をお出ししますのでご相談ください。診察代・お薬代は一切かかりません。

詳細はこちら

あご脱毛のポイント

あごは細かなうぶ毛が多い部位ですので、蓄熱式の照射でジワジワと温めて脱毛します。
毛が太い場合には、熱破壊式のレーザーに切り替えることもあります。
施術後にお渡しする保湿液でしっかり保湿することが肌荒れを防ぐポイントです。

あご脱毛の施術前に知っておきたいこと

あごの自己処理の仕方

自己処理の仕方(あご)

施術日前日の夜〜当日の朝までに自己処理する必要があります。
自己処理の方法は、刃が直接肌に触れない電気シェーバーがおすすめです。
あごの自己処理の手順は以下のとおりです。
①あごは上から下に向かって剃る
②下唇の真下は、下から上に向かって、小刻みに剃る
あごのラインは丸みがあるので、皮膚を傷つけないように何度かに分けて剃りましょう。

あご脱毛の施術時の服装や体勢

施術時の服装や体勢(顔)

顔脱毛のみの場合は、着替えの必要はありません。
衣服が汚れないように首元をタオルで覆ったら、仰向けでレーザーを照射していきます。
そのため、タートルネックやハイネックなど首元が詰まったトップスは避けた方が無難です。また、厚手のトップスは脱いでいただくケースもあるので、冬場はインナーとしてキャミソールなどを着ておくと良いでしょう。

あご脱毛におけるQ&A

顔脱毛で眉毛も脱毛できますか?

眉間は照射可能ですが、眉は照射をお断りしております。

顔脱毛の施術は他の部位より難しいのですか?

お顔は他の部位に比べて凹凸が多いため、照射の難しい部位となります。

顔の整形をしている人は顔脱毛をすることができますか?

整形手術をした部位の脱毛は、手術後約1ヶ月程度期間を空けていただく場合があります。

歯の矯正や治療をしていても顔脱毛はできますか?

当院では、歯科矯正や治療を受けている方でも、顔脱毛の施術をお受けいただけます。

うぶ毛も脱毛できますか?

うぶ毛の脱毛も可能ですが、レーザーが反応しにくいため、回数を重ねる必要があります。
無料カウンセリング予約をする
  • 未成年の方は、親権者同意書が必要です。
  • 説明だけ聞いてご帰宅頂く、または別の日にご契約頂くことも可能です。

脱毛の効果に関するよくある質問

医療脱毛で埋没毛を解消することはできますか?

医療脱毛を行い、自己処理を減らすことで、埋没毛が改善される可能性はあります。

医療レーザー脱毛施術後、すぐに毛がなくなりますか?

自己処理が不要になる程度に毛がなくなるまでには5〜8回程度の施術が必要です。

医療脱毛でつるつるになるまで施術回数・期間はどれくらいかかりますか?

うぶ毛がなくなるまでの回数には個人差はあり、8回程度で満足される方が多いです。
よくある質問ページへ