医療脱毛クリニックや脱毛サロンは掛け持ちできる?併用の注意点とは

西岡 和昭

監修者:西岡 和昭

ジュノビューティークリニック 新宿院 院長

専門科目:美容皮膚科 / 美容外科

医療脱毛クリニックや脱毛サロンが掛け持ちを禁止しているケースはほとんどないので、自由に複数のクリニックやサロンを利用できます

安いプランやキャンペーンを活用すれば、脱毛費用を抑えられるかもしれません。

しかし、掛け持ちにはデメリットや注意点もあります。

この記事では、クリニック・サロンを掛け持ちするメリット・デメリット、注意点、掛け持ち方法の例、向いている人&向いていない人を詳しく解説します。

※本記事は2022年9月時点の情報をもとにまとめています。

※記事内の金額は税込の表示となります。

医療脱毛クリニックや脱毛サロンは掛け持ちしてもいい?

医療脱毛クリニックや脱毛サロンの掛け持ちは可能です

掛け持ち自体を禁止行為としているクリニックやサロンはほとんどないためです。

掛け持ちを自己申告する必要はありませんが、同じ部位を複数のクリニック・サロンで脱毛している場合は、毛量や肌の状態などからスタッフにバレる可能性があります。

他のクリニック・サロンで脱毛した部位は、契約終了後一定期間が経過するまで脱毛できないという決まりのところもあるので、同じ部位の掛け持ちは避けた方が無難です。

医療脱毛クリニックや脱毛サロンの掛け持ちのメリット・デメリット

医療脱毛クリニックや脱毛サロンの掛け持ちには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

掛け持ちするメリット
  • 予約が取れずに脱毛を進められないリスクが減る
  • 脱毛にかかるコストを抑えられる可能性がある
  • 自分に合ったクリニック・サロンを見つけやすくなる
  • 部位ごとにクリニック・サロンを使い分けられる
掛け持ちするデメリット
  • 医療機関以外で脱毛した部分は再び毛が生える可能性がある
  • スケジュール管理が大変になる
  • 総額が高くなる可能性がある
  • 肌トラブルが起こった際に保証を受けられない可能性がある

医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちするメリット

医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちするメリットとして、以下が考えられます。

  1. 予約を取れずに脱毛を進められないリスクが減る
  2. 脱毛にかかるコストを抑えられる可能性がある
  3. 自分に合ったクリニック・サロンを見つけやすくなる
  4. 部位ごとにクリニック・サロンを使い分けられる

1.予約を取れずに脱毛を進められないリスクが減る

人気の高い医療脱毛クリニックや脱毛サロンでは、希望通りのタイミングで通えないケースもあります

特に、6月〜9月は脱毛に通う人が増えるので、予約が取りづらくなる傾向にあるでしょう。

そんな時、別のクリニックやサロンと掛け持ちしていれば、予約が取れる可能性が上がります。

2.脱毛にかかるコストを抑えられる可能性がある

医療脱毛クリニックや脱毛サロンの中には、料金を抑えたプラン・キャンペーンを設けているところもあります

有効期限内の会員証などを提示すると「乗り換え割」を利用できる場合もあります。

安いプラン・キャンペーンを選んで通えば、脱毛にかかるコストを抑えられる可能性があるでしょう。

3.自分に合ったクリニック・サロンを見つけやすくなる

脱毛は1回で終わるものではなく、少なくとも1年程度はクリニック・サロンに通うことになります。

しかし、クリニック・サロンを選ぶ際、施術時の痛みやスタッフの対応、脱毛の効果など、実際に施術を受けないとわからない点もあるでしょう。

掛け持ちをすれば複数の医療脱毛クリニック・脱毛サロンを比較できるようになるので、自分に合うクリニック・サロンを見つけやすくなります。

4.部位ごとにクリニック・サロンを使い分けられる

部位ごとに脱毛機を使い分ける感覚で、クリニックやサロンを掛け持つこともできます

たとえば、施術時の痛みが不安な人は、痛みを感じやすい脇やVIOだけ別のクリニック・サロンにするのも一つの方法です。

脱毛機に搭載されているレーザー・光の種類や冷却システム、照射方式によって、痛みの感じやすさが変わるためです。

医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちするデメリット

医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちするデメリットには、以下が考えられます。

  1. 医療機関以外で脱毛した部分は再び毛が生える可能性がある
  2. スケジュール管理が大変になる
  3. 総額が高くなる可能性がある
  4. 肌トラブルが起こった際に保証を受けられない可能性がある

1.医療機関以外で脱毛した部分は再び毛が生える可能性がある

医療脱毛クリニックと脱毛サロンを部位ごとに掛け持ちした場合は、時間が経つと部分的に毛が生えてくる可能性があります。

毛を作る組織を破壊することは医療行為に当たり、脱毛サロンでは行えないためです。

毛を作る組織が生きていれば、一時的な減毛・抑毛の効果となるので、いずれまた新しい毛が生えてくるでしょう。

2.スケジュール管理が大変になる

医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちする場合、数が多くなるほどスケジュールの管理が難しくなります。

効果的に脱毛を進めるには、毛の生え変わりのサイクル(毛周期)に合わせて1ヶ月半〜2ヶ月程度の間隔で施術を受けることが大切だからです。

予約が重ならないようにスケジュールを調整し、同時期に複数のクリニック・サロンに通うのを負担に感じる人もいるかもしれません。

3.総額が高くなる可能性がある

部分脱毛プランやキャンペーンで全身くまなく脱毛しようとすると、全身脱毛プランで脱毛をした場合より費用がかかってしまう可能性があります。

脱毛では、部位単独のプランよりも複数部位のセットプランの方が安くなる傾向があるためです。

特に全身脱毛プランは、部分脱毛数ヶ所分の料金設定になっているケースが多いので、脱毛したい箇所が多い場合は慎重に検討したほうがよいでしょう。

4.肌トラブルが起こった際に保証を受けられない可能性がある

脱毛のリスクはゼロではなく、まれに火傷(やけど)や毛のう炎、硬毛化・増毛化といった肌トラブルが起こる場合があります。

しかし、医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちしていると、どこで肌トラブルが起こったのかがわかりにくくなります

特に同じ部位を掛け持ちしていた場合は原因の特定が難しいため、アフターケアなどの保証を受けられない可能性があるでしょう。



    【ジュノビューティークリニックの特徴】
  • 全身脱毛5回が月々1,000円(税込)
  • 初めての方向けワキ脱毛プランが5回12,500円(税込)
  • 万一の肌トラブルにも責任をもって対応

医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちする場合の注意点

スマホを見ながら脱毛について悩む女性

ここまで説明してきたように、医療脱毛クリニックや脱毛サロンの掛け持ちにはメリットだけでなくデメリットもあります。

いくつかのクリニック・サロンを掛け持ちする場合は、以下の3点に気をつけましょう。

  1. 同じ部位の掛け持ちは避ける
  2. 事前にカウンセリングを受ける
  3. 掛け持ち方法・スケジュールは慎重に検討する

1.同じ部位の掛け持ちは避ける

同じ部位を複数の医療脱毛クリニック・サロンで掛け持ちしても、効果が高まることはありません

短期間のうちに同じ部位の施術を受けても、効果が早く出るわけではないどころか、かえって肌への負担が増す点には注意が必要です。

また、同じ部位の掛け持ちを実質的に禁止していたり、万一肌トラブルが起こった場合に保証を受けられなかったりするリスクも考えられます。

同じ部位の掛け持ちは避けましょう。

2.事前にカウンセリングを受ける

複数の医療脱毛クリニック・脱毛サロンを掛け持ちする場合は、契約前に必ずカウンセリングを受けなくてはなりません。

カウンセリングの所要時間はクリニック・サロンによって異なりますが、一般的には60〜90分程度かかるといわれています

カウンセリングや通う手間を考えると、掛け持ちの数は2〜3件に留めておいたほうが無難でしょう。

3.掛け持ち方法・スケジュールは慎重に検討する

医療脱毛クリニック・脱毛サロンを掛け持ちする場合は、毛周期に合わせ1ヶ月半〜2ヶ月に1回のペースで施術を受けられるよう、自分でスケジュール管理をする必要があります。

もう一つ注意しておきたいのが、脱毛の完了時期です。

部位や毛量・毛質により個人差はありますが、医療脱毛では5〜8回程度、エステ脱毛では12〜18回程度が自己処理卒業までに必要な回数といわれています。

つまり、クリニックとサロンを掛け持ちした場合は、コースが完了するタイミングが1年〜1年半程度ズレる可能性があるのです。

どの部位をどのように掛け持ちするかは慎重に考えた方がよいでしょう。

医療脱毛クリニックや脱毛サロンの掛け持ち例は?

もし、医療脱毛クリニックや脱毛サロンを掛け持ちするのなら、以下のような方法が考えられます。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの掛け持ち

ここまで解説してきた通り、医療機関以外で脱毛しても、毛を作る組織を破壊することはできません。

一時的にでも日頃の自己処理をラクにしたいというような場合は、次のような掛け持ち方法があるでしょう。


気になる部位をクリニックで受け、それ以外の部位をサロンにする

脇やひじ下、ひざ下など、人目につきやすい部位を医療脱毛すれば、1年〜1年半程度で自分で剃る手間から解放されるでしょう

それ以外の部位をエステ脱毛すれば、今よりもお手入れがラクになります。


痛みが強い部位のみサロンにする

医療脱毛の痛みがどうしてもこわいという人は、VIOなど痛みが強いとされる部位のみを脱毛サロンで施術してもらう方法もあります。

ただし、エステ脱毛の場合、痛みに耐えられなかったとしても麻酔を使うことはできません

医療脱毛クリニックの掛け持ち

医療脱毛クリニックの場合も、同じ部位の掛け持ちは避けたほうがよいと考えられます。

もし掛け持ちしたい場合は、以下の方法を検討してみましょう。


部位ごとにクリニックを選んで通う

部位脱毛の費用はクリニックによって異なるので、部位ごとに安いクリニックを選ぶのもひとつのやり方です

医療脱毛の痛みが不安な人は、VIOなどの痛みが強いとされる部位だけ蓄熱式の脱毛機を採用しているクリニックで脱毛するという方法もあります。


全身脱毛は顔・VIOなしの費用で検討し、顔・VIOだけ別のところで受ける

多くのクリニックでは「全身脱毛」の対象部位に顔やVIOが含まれません

そこで、顔やVIOはオプションでつけずに、別のクリニックで脱毛するという方法です。

行ってみたいクリニックを選ぶもよし、費用で選ぶもよし。

納得のいくプランを考えてみましょう。


毛が濃い部位は熱破壊式、薄い部位は蓄熱式のクリニックに行く

蓄熱式(SHR)はうぶ毛にも効果を期待できるといわれています

そこで、ワキやVIOなど毛が太く濃い部位は熱破壊(ショット)式、顔や背中など毛が薄い部位は蓄熱式の脱毛機を導入しているクリニックで脱毛するという方法です。

なお、熱破壊式と蓄熱式の切替が可能な脱毛機を使用しているクリニックであれば、この方法で併用する必要はありません。



    【ジュノビューティークリニックの特徴】
  • 全身脱毛5回が月々1,000円(税込)
  • 熱破壊式/蓄熱式の切り替え可能な脱毛機を採用
  • 従来機種に比べ短時間での施術が可能なので、予約が取りやすい

医療脱毛クリニックや脱毛サロンの掛け持ちが向いている人は?

医療脱毛クリニックや脱毛サロンの掛け持ちが向いている人・向いていない人をまとめると以下の表のようになります。

掛け持ちが向いている人 掛け持ちが向いていない人
  • いろいろなサロン・クリニックを試したい人
  • 部分脱毛を安く受けたい人
  • 通う手間や時間が気にならない人
  • スケジュール管理が苦にならない人
  • 全身脱毛がしたい人
  • 脱毛に手間や時間をかけたくない人
  • スケジュール管理が苦手な人

掛け持ちが向いているのは、部分脱毛をできるだけ安く受けたいと考えていて、複数のクリニック・サロンに通う手間や時間は特に気にならない人です。

逆に、全身脱毛を希望している人や手間なく脱毛したいと考えている人に、クリニック・サロンの掛け持ちは適しません。

スケジュール管理が得意か苦手かも判断軸のひとつとなるでしょう。

ジュノなら熱破壊式・蓄熱式の切り替えで効率的に全身脱毛できる

最新機器で痛みを抑えた施術を受けている写真

ジュノビューティークリニックは、熱破壊式・蓄熱式の2つの照射方式を切り替えられるダイオード脱毛機,
ラシャ」を採用しています。

さらに、-15℃まで冷却が可能なので、痛みを最大限に抑えつつ高出力での照射が可能です。

そのため、産毛が多い部位や痛みが心配な部位だけ別のクリニック・サロンに行く必要はなく、当院で全身の脱毛を完結できます。

2022年8月28日より、月々1,000円(税込)から全身脱毛をスタートできるようになったので、面倒なムダ毛処理から解放されたい人はぜひご検討ください。


全身脱毛プランの詳細はこちら

※「全身脱毛プラン(顔・VIOなし)」(5回)を当院指定の信販会社を利用した場合の目安です。
医療ローン60回払い(頭金 84,000円/初回1,007円/2回目以降1,000円) 総額 144,007円



    【ジュノビューティークリニックの特徴】
  • 全身脱毛5回が月々1,000円(税込)から可能
  • 全身脱毛プランは麻酔も無料
  • 全身1回の施術が最短60分で終わるため、予約が取りやすい