ニキビがあっても顔脱毛はできますか?

ニキビがあっても顔脱毛は可能ですが、炎症を起こしているニキビは避けて施術をします。

ただし、ニキビが広範囲に広がっていたり、炎症が強い状態になっていたりする場合には、施術できない可能性もあります。 レーザー照射による刺激で、ニキビが悪化してしまうリスクがあるためです。

ニキビ跡が残っているだけであれば、お肌の状態を見ながら照射することは可能です。
ニキビができやすく不安という方は、事前に医師に相談してみましょう。

なお、顔の医療脱毛の副次的効果として、ニキビの改善が期待できます。
ニキビができる主な原因は、皮脂の毛穴づまりです。顔の脱毛をすることで、洗顔によって毛穴の汚れが落ちやすくなり、結果的に毛穴がつまりにくくなります。


無料カウンセリング予約をする
  • 説明だけ聞いてご帰宅頂く、または別の日にご契約頂くことも可能です。

顔脱毛におけるQ&A

顔脱毛の施術当日はメイクを落とす必要がありますか?

施術当日にメイクをして来院いただくことは可能ですが、施術前にはポイントメイク以外は落とす必要があります。

顔脱毛の施術は他の部位より難しいのですか?

お顔は他の部位に比べて凹凸が多いため、照射の難しい部位となります。

顔の整形をしている人は顔脱毛をすることができますか?

整形手術をした部位の脱毛は、手術後約1ヶ月程度期間を空けていただく場合があります。

うぶ毛も脱毛できますか?

うぶ毛の脱毛も可能ですが、レーザーが反応しにくいため、回数を重ねる必要があります。

歯の矯正や治療をしていても顔脱毛はできますか?

当院では、歯科矯正や治療を受けている方でも、顔脱毛の施術をお受けいただけます。

顔脱毛の施術後、すぐにメイクしてもよいでしょうか?

脱毛後の肌をこすったり、叩いたりするのはお肌に負担がかかるため、なるべく控えることをおすすめします。
よくある質問TOPに戻る

もし知りたかったことが見つからなかったらお気軽にお問い合わせください。